0
¥0

現在カート内に商品はございません。

THE RAY Compressor V3.0

¥23,100 税込
商品コード: TRC-V3
関連カテゴリ
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
Pedal of the Dayさんによるデモ動画





非常にナチュラルなコンプレッサーとして好評を頂いておりましたThe Ray Compressorが内部構造のブラッシュアップと大幅な機能追加を伴いRev.3.0となって帰ってきました。
音作りのベースとして最適なコンプレッサー部分のサウンドはそのままにイコライザパートを3バンドに強化、レンジ切り替え機能によってベースにも対応出来るより幅広い音作りが可能です。

■コントロール

・PRE GAINスイッチ
入力のレベルを調整します。HIが最も大きなレベルでエフェクト回路へ信号を送る設定になります。ギター又はベースのピックアップが持つ出力レベルの違いや、SUSTAINノブの設定によってコンプレッサー部で歪みが生じる場合があります。まずはHIに設定し、歪みが生じる場合にMID、LOと設定を変更してみてください。

・SUSTAIN
時計回りでゲインが上がります。大きな入力には圧縮がかかり小さな入力は増幅されることで音量を揃えながら長いサステインを稼ぐ、コンプレッサー部のメインコントロールです。

・ATTACK
アタックタイムを調整します。最小方向ではアタックタイムが早く(ピッキングの直後に圧縮が始まる様に)なり、最大方向で遅く(ピッキングの大きな入力を残し、ゆっくりと圧縮が掛かり始める様に)なります。

・VOLUME
イコライザの調整で歪む場合、また大きくなった音量のカットに使用してください。

・TREBLE/BASS
高域・低域をブースト・カットするシェルビングフィルタ、12時でほぼフラットになります。

・TREBLE-RANGE/BASS-RANGEスイッチ
TREBLE・BASSコントロールのレンジ(カットオフ周波数)を変更します。

・MID
中域をブースト・カットするパラメトリックイコライザ、12時でほぼフラットになります。

・MID-FREQ
パラメトリックイコライザの中心周波数を設定、時計回りで周波数が上がります。

・MID-Q
パラメトリックイコライザのQ(エフェクトが効く周波数帯域の幅)を変更します。NARROWは最も狭くピーキーな設定、WIDEは広く、MIDはその中間です。
※イコライザに関する詳細は図「イコライザ」を参照して下さい。

■仕様

[VOLUME]
イコライザの調整により歪みが出てしまう場合や、大きくなった音量のカットはVOLUMEノブで調整して下さい。本機は入力レベルHI、VOLUME最大で少し音量がブーストされる仕様となっています。

[TREBLE]
・RANGE:HI
fc(カットオフ周波数)800Hz
±15db @10kHz
±6db @1.3kHz

・RANGE:MID
fc(カットオフ周波数)500Hz
±15db @10kHz
±6db @750Hz

・RANGE:LO
fc(カットオフ周波数)250Hz
±15db @10kHz
±6db @400Hz

[BASS]
・RANGE:HI
fc(カットオフ周波数)600Hz
±15db @20Hz
±6db @250Hz

・RANGE:MID
fc(カットオフ周波数)400Hz
±14db @20Hz
±6db @150Hz

・RANGE:LO
fc(カットオフ周波数)250Hz
±13db @20Hz
±6db @80Hz

[MID]
・中心周波数:130Hz~1.4kHz
・ブースト/カット:±13db

■サイズ

縦約120x横約100x高さ約54mm
※スイッチ・ジャックなどの突起部分を含む

■その他の仕様詳細

・006P[9V]電池、または9VDCアダプタ(センターマイナス/2.1mmピン/9vDC)
・消費電流:約29mA

■バイパススイッチについて

バイパス時にアクティブ回路を通らないトゥルーバイパス方式を採用しています。
電源供給が無くなるとメカニカルリレー制御によって自動的にバイパス状態に切り替わり、再び電源が供給されると最後に電源が切れた時の状態に復帰します。

■電圧監視機能について

本機は常時入力電圧を監視しており、9Vを一定以上下回るか、上回った際にLEDが点滅し自動的にバイパス状態になります。ご使用の電池の残量やパワーサプライの電圧をご確認ください。

■注意事項

・上記仕様と異なる電源のご使用による故障は初期不良及び保証の対象外となります。

カテゴリ一覧

ページトップへ